国際大会にチームが2種類? UCIトレードチームとは?

2018-2019 Tissot UCI Track Cycling World Cup II Men's Team Pursuit

Huub Wattbike Test Team

6月下旬、UCIが2020-2021シーズンからのトラック競技大会について大きな変更を発表。大会数や開催期間の変更、そして何より大きな波紋を呼んでいるのが「UCIトレードチーム」の除外だ。しかしトレードチームと聞いてもピンと来ない方は多いだろう。

そこで今回の記事では「UCIトレードチームとは何か」についてご紹介していく。

BEATやHUUB、dream SEEKER等トレードチームがワールドカップ出場除外、大会数縮小などUCIがトラック競技大会を大幅変更

UCIトレードチームとは?

BEAT CYCLING CLUB

UCIトレードチーム(通称トラックチーム、TT)とは、UCIトラック国際大会参加を目的とした最低3〜最大10名の選手とスタッフ1名(雇用者)から成るチームの総称である。チームは各国自転車競技連盟およびUCIに登録している事が条件となる。

また、選手に対して給料の支払いがあるチーム(プロ)と無いチーム(アマチュア)があり、チームによって異なる。

トレードチーム参加可能種目

参加可能種目一覧スプリントケイリン1kmタイムトライアル/500mタイムトライアルチームスプリント個人パシュートポイントレーススクラッチマディソンチームパシュート

オムニアムについての記載は無し※

そしてUCIトレードチームは世界選手権/各大陸選手権には出場することが出来ないことも特徴の1つだ。

トレードチームは何故あるの?

TAGS