BEATやHUUB、dream SEEKER等トレードチームがワールドカップ出場除外、大会数縮小などUCIがトラック競技大会を大幅変更

Final / Men's Keirin / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

テオ・ボス

2019年6月20日、UCIは2020-2021シーズンよりトラック競技大会のワールドカップや世界選手権開催日程を、冬時期から夏時期へと変更する他、ワールドカップをネイションズカップへ変更するなど大幅な変更を行うと発表。これによりBEAT Cycling Clubなどトレードチームがワールドカップへ出場する事ができなくなる。

ワールドカップ→ネイションズカップ

現状『トラックワールドカップ(UCI Track Cycling World Cup)』として開催されている大会が『ネイションズカップ(UCI Track Cycling Nation’s Cup)』へと変更される。

2018-2019 Tissot UCI Track Cycling World Cup II Men's Team Sprint

大会数6大会→3大会、夏時期の開催へ

現在10月〜1月をシーズンとし全6戦行われている大会は、7月〜9月の全3戦に。大会数が半分へと大幅縮小する。

1st Round / Men's Team Sprint / Track Cycling World Cup V / Cambridge, New Zealand

世界選手権トラックは10月開催

例年2月末〜3月頭に、トラック競技シーズンの締めくくりとして開催されてきた、世界No.1の座を決める世界選手権トラックは10月に行われる。

Men's Keirin Final / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

トレードチームの出場が不可能に

TAGS

Related Articles