改悪?改良?UCIワールドカップがネイションズカップになる影響

新シリーズで懸念事項は解消される?

Men's Madison / Track Cycling World Cup V / Cambridge, New Zealand

ここまでの懸念は2021年11月〜2022年2月の間に開催されるという”新シリーズ”によって解消されるのかもしれない。「そんなに心配しなくても、新シリーズで全て叶うよ」と。

この新シリーズの内容へ関する情報はまだ無いが、UCIによれば「初心者に優しく、TV放送や観戦に適した魅力的なもの」だと言うので、Six Day Cyclingシリーズの様にショーアップされた大会かもしれない。

トラック競技をスポーツ・エンターテインメントとして進化させるため、既存の枠組みを見直す必要があるのは事実だ。進化の過程に痛みは伴うものだが、今回の改変が改良となるか、改悪となるのか、それはロード世界選手権2019後に発表される情報を待ちたい。

関連記事:BEATやHUUB、dream SEEKER等トレードチームがワールドカップ出場除外、大会数縮小などUCIがトラック競技大会を大幅変更

TAGS