200mFTTの世界新が2連発!? サイクルドリームフェスタ2019で外国人選手が大暴れ

ナターシャ・ハンセン マチルド・グロ

脇本雄太の完全優勝で幕を閉じた日本選手権競輪(通称:競輪ダービー)だが、決勝の同日には“もう1つ”の熾烈な戦いが行われていた。

関連記事:【松戸・最終日 詳報】“競輪ダービー” 脇本が完全優勝!

場所は東京、JR信濃町駅を降りてすぐの明治神宮外苑。

この日は5月5日。世間一般には「子供の日」として認識されているが、サイクリストの間では「自転車の日」と呼ばれていることをご存知だろうか?

サイクルドリームフェスタ

その自転車の日、暖かい日差しの中で行われた「サイクルドリームフェスタ」。さまざまな企業が出展し、老若男女問わず自転車好きやご近所の方々が気軽に訪れることができるフェスだ。

そこへ一目でわかる、あの選手たちが来ていた。

短期登録選手陣

短期登録制度で来日し、日本の競輪で戦うトラック競技の選手たちだ。(特集ページはこちら

サイクルドリームフェスタ2019へ来ていたのは、ケイリン世界チャンピオンのマティエス・ブフリ(オランダ)、若手成長株のジョセフ・トルーマン(イギリス)、表彰台常連のナターシャ・ハンセン(ニュージーランド)、今年の世界選手権メダリストのマチルド・グロ(フランス)、そしてワイルドカードのマダリン・ゴドビー(アメリカ)の5人。

moreCadenceブース

ちょっと周りとは風変わりな我々MoreCADENCEブースの中でトラック競技や競輪のPRを行っていたのだった。着ているTシャツは・・・・・・

ナターシャ・ハンセン マチルド・グロ

格好良い新たなPRシャツ!!

自由な選手たち

TAGS

Related Articles