「日本の強さを新田が世界へ示した」ブノワ・ベトゥが世界選手権トラック2019の結果を総括

ブノワ・べトゥ

世界選手権トラック2019』における日本短距離チームは、新田祐大ケイリンで銀メダルを獲得し、2年連続で日本人選手が表彰台獲得。しかし、その他の選手たちは表彰台へ届かなかった。今回の結果を“闘将”ブノワ・ベトゥ短距離ヘッドコーチはどう受け止めたのか。レース後のインタビューをノーカットでお届けしよう。

希望と失望

Q:まずは今年の世界選手権について、総括をお願いします。

大きな失望と大きな希望、どちらも同時に与えてくれました。

新田が日本を救ってくれた、それは間違いありません。我々が世界へ示したい日本の印象を体現してくれました。遂に正しい方向の精神状態に持っていくことが出来ました。長い間、我々は新田の結果を待っていたのです。

Men's Keirin Final / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

レースは他の選手たちが新田を追うような展開で、まだまだ改善点はありますが、レースにおいて誰がボスか、それを示すような走りでした。新田のああいったレースを観たのは、国際大会で初めてですよ。彼の走りには喜びを感じています。

でも脇本小林については本当に残念な気持ちです。この2人についても期待は大きかったんです。

河端へ対しては考え方が少し異なり、単純に不運だったとしか言いようがありません。しかし脇本と小林は、とても悲しい結果だとしか言えません。

新田祐大が銀メダルの男子ケイリン、レース詳細レポート/世界選手権トラック2019

オリンピックで戦える選手が誰かを見定める

TAGS