W杯ケイリン 銀メダル・現役女子大生の太田りゆ、世界選へ「周りを恐れず」/2018-19トラックワールドカップ第6戦・香港

覚悟を一番持てて走れた

Q:決勝レースを振り返ると?

今回に関しては「好きにやれ」と言われていて、初めて人の内側に行く動きも出来ましたし、メダルを獲るんだという覚悟を今までで一番持てて走れたんじゃないかなと思います。

Final / Women's Keirin / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

Q:ゴールした瞬間はいかがでしたか?

こんなところで嬉しくて泣いている場合じゃないというのは分かっているんですが、今までのことを考えると、去年は一回も準決勝には上がっていませんし、今年も今回最後にしてやっと決勝に乗れて2位という形で終われて、何か考えるよりも先に涙が出てきてしまったという感じですね。

Final / Women's Keirin / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

Final / Women's Keirin / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

Q:これからもう一歩進むためには?

力、力(スピード/パワーのこと)不足っていうのが今回明白になったとは思ったので、あと1年かけてしっかり力をつけたいと思います。

太田りゆ / Women's Keirin / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

Q:世界選手権へは?

少しずつ自信をつけているとは思うので、周りを恐れずに自分に自信を持ってがんばりたいと思います。

太田りゆ

【超詳報】史上初、太田りゆがW杯ケイリン銀メダル獲得/2018-19トラックワールドカップ第6戦・香港

TAGS