W杯ケイリン 銀メダル・現役女子大生の太田りゆ、世界選へ「周りを恐れず」/2018-19トラックワールドカップ第6戦・香港

太田りゆ / Women's Keirin / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

日本史上初、ワールドカップの女子ケイリンで銀メダルを獲得した太田りゆガールズケイリン選手、そして実は現役の大学生で自転車競技のルーキーでもある。今シーズンで一気にその才能を開花させた太田りゆが語る、銀メダル獲得の瞬間について尋ねた。

慢心はない、だが自信は付いた

Q:銀メダル獲得に対する、素直な気持ちを聞かせてください

素直に嬉しいという言葉しか、今は出てこないです。

太田りゆ / Women's Keirin / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

Q:準決勝でチームメートの小林選手の落車がありましたが、動揺はありましたか?

しっかり自分を持てて、冷静にいられたとは思います。

Semi Final / Women's Keirin / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

Q:決勝前はどんなことを考えていましたか?

誰が勝ってもおかしくないメンバーでしたし、自分の脚力をみて、どういう風に戦ったら良いかと考えて、本気でメダルを獲りにいくぞと思っていました。

Final / Women's Keirin / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

太田りゆ

Q:ブノワコーチからはどんなことを?

自分を信じてということ、何が起きてもとにかく自分を信じなさいということを言われていました。終わった後も「自分を信じて良かっただろ?」と言ってもらいました。あと、すぐ表彰式だったから「顔、顔」って(笑)

太田りゆ / Women's Keirin / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

覚悟を一番持てて走れた

TAGS