世界選手権へ向け日本の戦力は?“闘将”ブノワ・ベトゥ短距離ヘッドコーチがワールドカップ第6戦を振り返る

喜びと悲しさ

Q:太田りゆの銀メダルについての感想は?

太田がメダルを獲ってくれてとても嬉しいです。

太田りゆ / Women's Keirin / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

でもチームメートの小林が落車してしまい、小林へ対しては悲しいと気持ちと残念な気持ちがあります。嬉びと悲しさ2つの気持ちが同時に胸の中にあり、複雑な心境ですね。

1st Round / Women's Keirin / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

小林優香

メダル獲得を本当にエンジョイしたいのですが、今は出来ません。でも太田はメダル獲得に値する走りをしました。戦って勝ち獲ったメダルです。

太田と同じく、小林も表彰台へ上がる可能性がありました。そこは何度も言いますが残念な気持ちです。

Q:太田がリー・ワイジー(李慧詩)の後輪に付けたのは作戦でしたか?

リー・ワイジーだけが選択肢ではありませんでした。前へ連れていってくれれば誰でも良かったのです。

Semi Final / Women's Keirin / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

太田りゆ

正直、太田はまだ自分で全てを行えるほど強くはありません。だから戦術&作戦が必要なのです。そのことは太田自身も分かっているし、やるべきことをやっています。段々とレースを感じ始めていますし、どこに動くべきかも分かってきました。何よりも怖がっていません。ただ、もっと自信は持たなければなりませんね。

Q:今回の女子ケイリン決勝、レベルはどう見ていましたか?

女子ケイリン決勝は世界選手権、オリンピックの決勝と同じようなメンバーでした。ケイリンはスプリントと違い、数多くの選手たちが勝てるチャンスがあります。アジア選手権の時も同じようなメンバーで、似たようなコメントをしましたが、今回もトップレベルの戦いでした。

今後への良い兆候

TAGS

Related Articles