キャメロン・マイヤーの独壇場!橋本英也は終盤に追い上げ7位/男子オムニアム・2018-19トラックワールドカップ第6戦・香港

Point Race / Men's Omnium / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

4種類の種目の総合成績を競うオムニアム。『2018-19トラックワールドカップ第6戦』で男子の種目には24人が出場した。今回はこれまで世界選手権のポイントレースマディソンチームパシュートなどでキャリア9個の金メダルを獲得しているキャメロン・マイヤー(オーストラリア)が参戦。去年の世界選手権のチームパシュートで銀メダルをとったデンマークチームのメンバーの一員であるニクラス・ラーセン、2017年のこの種目の欧州チャンピオンのベンジャミン・トマ(フランス)など実力者も顔を揃えた。日本からは橋本英也がエントリー。

Scratch Race / Men's Omnium / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

橋本英也

第1種目:スクラッチ

トラック40周、10kmを最も速く走り抜いた選手が勝ちとなる。

Scratch Race / Men's Omnium / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

Scratch Race / Men's Omnium / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

ハイペースで進むレースは残り10周ほどのところでラーセン(デンマーク)が集団を1周追い抜きし、アドバンテージを得る。

Scratch Race / Men's Omnium / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

LARSEN Niklas (DEN)

Scratch Race / Men's Omnium / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

その後はトマ(フランス)、ティシュコウ(ベラルーシ)、ホロウェイ(アメリカ)が集団から抜け出し、逃げ集団を形成。3人はメインとなる集団に追いつかれずフィニッシュする。

Scratch Race / Men's Omnium / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

メインとなる大集団では最後のスプリントで橋本が位置を上げようとしたが、集団の先頭には出れず、この種目を11位で終えた。

Scratch Race / Men's Omnium / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

スクラッチ結果PDF

第2種目:テンポレース

TAGS