「限界を超えた」女子マディソン優勝の梶原悠未&古山稀絵インタビュー/アジア選手権トラック2019

Women's Elite Madison / Asian Championships Track 2019 Jakarta

日本チームとして女子マディソンで2年連続の優勝を果たした梶原悠未古山稀絵ペア。レース後はもちろん疲れているはずだが、勝利の喜びが止まらない!といった雰囲気で若さを爆発させていた。

関連記事:やったー優勝!梶原悠未&古山稀絵ペアがアジア選手権で金メダル

実は韓国チームが危険

Q:大変なレースでしたね。ウズベキスタン(ザベリンスカヤ&クネベレワ)に注意してたら、最後はなんと韓国(ナ・アルム&キム・ヨウリ)が危険になりましたが?

梶原:韓国でしたね。
古山:韓国だよってお互いに言ってました。
古山:(梶原)悠未が交代の時にずっと「ここが頑張り時だから、ここだから」と言って
梶原:何回も何回もごめん(笑)

Women's Elite Madison / Asian Championships Track 2019 Jakarta

Q:レース中、スクリーンに表示されるポイントの間違いなどありましたが、レース状況の把握は出来ていましたか?

梶原:どこが先頭だかわからなくなる時がありましたが・・・・・・ただ交代のタイミングが上手くハマって、もがける時が多かったです。

Q:交代上手でしたね。前より上手くなってますよね?

古山:その言葉が一番嬉しいです(笑)

フィニッシュを2回

TAGS