脇本雄太、マティエス・ブフリ、ジェイソン・ケニーのコメント/2018-2019トラックワールドカップ第2戦・男子ケイリン

2018-2019 Tissot UCI Track Cycling World Cup II Men's Keirin Final

関連記事:脇本雄太、W杯ケイリン2連覇を懸けた戦いの行方は…?/2018-2019トラックワールドカップ第2戦

金メダル:ジェイソン・ケニー

2018-2019 Tissot UCI Track Cycling World Cup II Men's Keirin Final

とても嬉しいですね。今日は凄くタフで凄く苦しんだ日でした。ちょっと早く前に出すぎたかなと思いましたが、結果的に優勝できて良かったです。シーズンのスタートとしてはチームスプリントも3位だったし、まずは上手くいったので良い大会になりましたね。

銅メダル:マティエス・ブフリ

2018-2019 Tissot UCI Track Cycling World Cup II Men's Keirin Final

準決勝(2回戦)の後、死にそうに疲れてたよ。とにかく脇本の前に出るのに100%の力を使ったから、決勝では動けなくなっていたんだ。

Matthjis Buchli

2回戦直後

決勝では疲れきって誰の前にも出ることが出来なかったけど、最後に内側にスペースを見つけたからラッキーだったね。とにかくエキサイティングなレースだったことは間違いないよ。

準決勝(2回戦)はオリンピックの決勝みたいだったでしょ?

2018-2019 Tissot UCI Track Cycling World Cup II Men's Keirin Second Round

とにかくワールドカップでケイリンに出たシーズン最初のレースでメダルが取れたことは嬉しいよ。今度のベルリンではもっと楽ができるかな。もう俺はチームスプリントとケイリンでメダルを獲ったから、あとはスプリントでだけさ(笑)

脇本「勝負が出来る位置にいる」

TAGS