最高のシーズン開幕戦!脇本雄太が2回目のW杯ケイリン金メダル/2018-2019トラックワールドカップ第1戦

脇本雄太

10月20日にフランスで行われた2018-2019トラックワールドカップ第1戦の男子ケイリンで、脇本雄太が昨シーズンの第4戦に続く自身2回目の金メダルを獲得。オリンピック出場枠を争うシーズンにおいて、最高の開幕戦となった。

2018-2019 TRACK CYCLING WORLD CUP I Men's KEIRIN

今回は28人の選手が出場し、日本からは河端朋之と脇本雄太が出場。昨シーズンの世界選手権で銀メダルを獲った河端、昨シーズンのワールドカップ第4戦で金メダルを獲った脇本が揃って参戦し、オリンピック出場へのポイント獲得を狙う。

強豪と見られていたのは日本の競輪にも参加していた、テオ・ボス(オランダ/BEAT Cycling Club)、マシュー・グレーツァー(オーストラリア)、フランソワ・ペルビス(フランス)など。ケイリンのルール解説

男子ケイリン 出場者リスト(PDF)

決勝、脇本雄太のダッシュ

TAGS