最高のシーズン開幕戦!脇本雄太が2回目のW杯ケイリン金メダル/2018-2019トラックワールドカップ第1戦

決勝、脇本雄太のダッシュ

2018-2019 TRACK CYCLING WORLD CUP I Men's KEIRIN

レース前にリラックスしてテオ・ボスと会話する脇本雄太

2018-2019 TRACK CYCLING WORLD CUP I Men's KEIRIN

決勝のメンバーは

1枠:脇本雄太 (JPC)
2枠:Krzystztof Maksel (POL)
3枠:Hersony Canelon (VEN)
4枠:Theo Bos (BEAT Cycling Club)
5枠:Jack Carlin (GBR)
6枠:Edward Dawkins (NZL)

2018-2019 TRACK CYCLING WORLD CUP I Men's KEIRIN

残り3周、ペーサーが退避するとドーキンスが外から上がり、その動作を合図にカーリンが一気に先頭へと踊り出て、脇本は2番目へと下がる。すると今度は残り2周を切ったところでボスが外から先頭へ。目まぐるしく変わる展開の中、脇本は3番目へと位置を下げて、勝負は最後の1周へ。

2018-2019 TRACK CYCLING WORLD CUP I Men's KEIRIN

2018-2019 TRACK CYCLING WORLD CUP I Men's KEIRIN

最後の1周となると脇本が猛然とダッシュし、最終コーナーを抜けるとで完全に単独で前に出る。後ろは1車身ほど空けてついて来ることができず、脇本が先着して優勝。ワールドカップの初戦を見事な形で制した形となった。

2018-2019 TRACK CYCLING WORLD CUP I Men's KEIRIN

2018-2019 TRACK CYCLING WORLD CUP I Men's KEIRIN

2018-2019 TRACK CYCLING WORLD CUP I Men's KEIRIN

2018-2019 TRACK CYCLING WORLD CUP I Men's KEIRIN

ウィニングランの脇本、それを称える2位ドーキンス。ブノワHCも大歓喜。

2018-2019 TRACK CYCLING WORLD CUP I Men's KEIRIN

2018-2019 TRACK CYCLING WORLD CUP I Men's KEIRIN

脇本雄太

2018-2019 TRACK CYCLING WORLD CUP I Men's KEIRIN

なお、7-12位決定戦へと回った河端は4着でフィニッシュ。最終成績を10位で今大会のケイリンを終えた。

男子ケイリン 決勝結果(PDF)

インタビュー、決勝までのレースレポートはは別記事にて。

Text : Mizuki Ida

TAGS