脇本雄太が金メダルの男子ケイリン、レースレポート/2018-2019トラックワールドカップ第1戦

脇本雄太

10月20日にフランスで行われた2018-2019トラックワールドカップ第1戦の男子ケイリンには28人の選手が出場。日本からは河端朋之と脇本雄太が出場。脇本雄太が見事金メダルを獲得、河端朋之は10位となり、オリンピックポイントを大量獲得した。

強豪と見られていたのは日本の競輪にも参加していた、テオ・ボス(オランダ/BEAT Cycling Club)、マシュー・グレーツァー(オーストラリア)、フランソワ・ペルビス(フランス)など。

予選

男子ケイリン 出場者リスト(PDF)

勝ち上がりは、1回戦(2着までが勝ち上がり)→敗者復活戦(1着のみ)→準決勝(3着までが決勝へ)→決勝。1回戦は7人ずつ4組に分かれて行われ、河端が第3組、脇本が第4組となった。

第3組:河端朋之

第1組では注目のグレーツァーとボルツェフ(カザフスタン)が勝ちあがり、第2組ではボスとドーキンス(ニュージーランド)。迎えた第3組は河端が出場。河端は前から4番目の位置でチャンスを待ち、最終周回へ入ると外から一気に加速し、前を走るカーリン(イギリス)には追いつかなかったものの、そのまま2着で1回戦を通過した。

河端朋之

河端朋之

河端朋之

河端朋之

河端朋之

第4組:脇本雄太

第4組は脇本雄太が出場。前から5番目の位置で進む脇本。昨シーズンのワールドカップ優勝の影響か、周りの選手からチラリと見られながら一つ一つポジションを落としていき、残り2周の時点では最後尾となる。すると他の選手たちが一気に加速。位置を変えることなく最終周回へ。

脇本が外から巻き返しを図るも、最終コーナーの前に失速。ペルビス(フランス)、フレイタス(ブラジル)が先にフィニッシュラインを駆け抜け、脇本は1回戦を5位とした。脇本は敗者復活戦へ。

脇本雄太

脇本雄太

脇本雄太

脇本雄太

脇本雄太

男子ケイリン 1回戦結果(PDF)

敗者復活

TAGS