競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

脇本雄太が金メダルの男子ケイリン、レースレポート/2018-2019トラックワールドカップ第1戦

2018/10/21

敗者復活

準決勝への勝ち上がりを掛けた敗者復活戦。5人の戦いで1着のみが準決勝へと進む。脇本は第4組。

敗者復活戦 第4組

脇本雄太(JPC)
ヴァシリー・レンデル(リトアニア)
ジーン・スピース(南アフリカ)
ルカ・チェチ(T°RED FACTORY RACING TEAM)
アンドリー・ビノクロフ(ウクライナ)

脇本はペーサーが退避する残り3周まで前から2番目の位置で進む。ペーサーが退避すると、残り2周の時点で先頭へ。そのまま危なげなく逃げ切り、敗者復活戦で勝ち、準決勝へと駒を進めた。

男子ケイリン 敗者復活戦結果(PDF)

準決勝、決勝

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。