なぜトラックワールドカップがオリンピック出場へ向けて重要なの?

女子団体追い抜き

遂に始まる『2018-2019 Tissot UCI トラック・サイクリング・ワールドカップ(以下トラックワールドカップ)』。これを読めばあなたもトラックワールドカップの全てが判る!!・・・わけではありませんが、観戦を楽しむために「そもそもトラックワールドカップって?世界選手権などと比べた位置付けは?」をご紹介します!

トラックワールドカップの重要度は?

女子団体追い抜き

サッカーではワールドカップが世界最高峰の大会として知られている。その回数は何と4年に1回。

では、自転車のトラック競技だと・・・・・・?実は年に6回行われる毎年恒例のシリーズ戦。シーズンにより開催回数は異なる。開催時期は例年、10月頃から翌年の1月末にかけて。そのため2018-2019と表される。

トラックワールドカップの位置付けは、獲得できるUCIポイントを基準にすると、4年に1度のオリンピックを頂点とし、年に1度の世界選手権、各大陸選手権(アジア選手権など)の下へ位置づけられる。もちろんトラックワールドカップより下のレベルとされる大会もあり、全日本選手権などはW杯の下のレベルの大会として扱われている。

関連記事:UCIポイントとは?公認レースの種類には何がある?

世界選手権へ出場に超大事な大会

TAGS