予選で大会新が連発、深谷知広がスプリント日本王者に/2018全日本選手権トラック

深谷知広一問一答

2018全日本選手権トラック男子スプリント

Q:おめでとうございます、本日のレースは自分自身でどう評価しますか?

自分自身、今回のスプリントにすごく懸けていたので、その中で結果が出たのですごく良かったです。予選も、ブノワ(・ベトゥ=日本ナショナルチーム短距離ヘッドコーチ)に自己ベストを出すと宣言していて、自分の250mバンクでのベストタイムも出せましたし、そこに関しては満足しています。

Q:アジア大会の疲れは残っていませんか?

疲れはもちろんありますが、それ以上に気合が入っていたので、しっかりと走れました。

Q:レースにはどういう作戦で臨んだのでしょう?

(渡邉)一成さんの先行は攻略するのがすごく難しいと思っていたので、(勝負を決めた2本目のような)作戦はあらかじめ考えていました。ただ、後ろを確認する余裕が無かったので、最後の半周で一成さんが見えてきて、そこからは練習だ!と思って最後まで駆け抜けました。

Q:2本目のときに2周半を一気に逃げ切るのは計画的だったということですか?

そうですね、数ある作戦の一つではありました。隙があればどこからでも仕掛けるという気持ちでいました。

Q:今回、スプリントのタイトルを獲得できた感想を教えてください

やっと、ナショナルチームの他のみんなに実績で追い付いて、その中で結果が出せたというのはすごくうれしいことです。しかし、これから世界で戦っていかなければならないので、もっと力をつけて、国際大会でも勝てるように頑張っていきたいです。

Q:国際大会で勝つためには具体的にどうするべきだと思いますか?

全体的に、パワーもスピードもテクニックも必要なので、どんどん練習から自分を追い込んで、もっともっと実力を底上げしていきたいと思います。

Q:高校時代にライバルだった雨谷一樹選手との対決はどうでしたか?

対戦自体がすごく久しぶりで、高校生のころからずっと何回もレースを走っている間柄だったのが、またこういう大舞台で対決できたのはうれしい思いも緊張する面もありました。けれども、すごく楽しめました。

Q:懐かしい対決で燃え上がる感情もありましたか?

そうですね、ずっと一緒にレースをしてきたんで、やっぱり負けたくないという思いはありました。勝ててよかったです。

渡邉一成

ちょっと僕も油断してて、ギアもかかっているし、(2本目の仕掛けで)あれだけ勢いよく行かれたら追いかけても追いつけなかったと思います。まあ決勝だから(あのような仕掛けは)無いだろうと僕が勝手にタカを括っていたのが敗因です。

順位 名前 チーム 1本目 2本目 3本目
1 深谷知広 Dream Seeker 10.292 10.622
2 渡邉一成 JPCA
3 新田祐大 Dream Seeker 10.980
4 雨谷一樹 JPCA 10.178 反則負け
2018全日本選手権トラック男子スプリント表彰台

男子スプリント優勝の深谷知広(中央)と2位の渡邉一成(左)と3位の新田祐大(右)

TAGS