予選で大会新が連発、深谷知広がスプリント日本王者に/2018全日本選手権トラック

決勝

1-2位決定戦

決勝では、深谷知広が1本目を先取。2本目は深谷が渡邉一成の隙を突いて1周目の3コーナーで一気に加速すると、踏み遅れた渡邉は早々に諦めて勝負が決まった。

2018全日本選手権トラック男子スプリント

1本目

2018全日本選手権トラック男子スプリント

2本目

2018全日本選手権トラック男子スプリント

3位決定戦は、新田祐大が1本目を先取し、雨谷一樹が2本目を取り返して3本目へともつれ込んだ。しかし、雨谷が《先行義務違反(UCI 3.2.039)》をしたため新田の勝利となった。

選手インタビュー

TAGS