ガールズケイリンインターナショナル2018はデグレンデルがモートンとの接戦を制す!小林優香3着

Nicky Degrendele (BER)

Nicky Degrendele (BER)

2018年6月10日(日)に取手競輪場で開催された、ガールズケイリンインターナショナル2018は、世界選手権ケイリン金のニッキー・デグレンデルが、ステファニー・モートンを下し優勝。小林優香が3着となった。

最終周回へ入りレーススピードが上がると同時に、7番小林優香(福岡/106期)が先頭へ。それを追う形でロリーヌ・ファンリーセン(オランダ)、ステファニー・モートン(オーストラリア)、ニッキー・デグレンデル(ベルギー)ら外国人勢が外側から踏み込み先頭に立つ。

ガールズケイリンインターナショナル2018 ゴール

最終直線は抜け出したモートンとデグレンデルの一騎打ちに。目視ではわからないほどの僅差となり、写真判定の結果デグレンデルが勝利した。

ダイジェスト動画

ニッキー・デグレンデル優勝インタビュー

Nicky Degrendele (BER)

Nicky Degrendele

モートン選手が勝ったと思っていた

本日のレースはどのように走ろうと思っていましたか?

自分の強みは「良いタイミングを忍耐強く待つ」ことです。タイミングを待って焦らずに行くこと。今回のレースは周りのメンバーがとても強かったので、モートン選手とファンリーセン選手からあまり離れないように走り、展開を見ながら動こうと思っていました。

ゴールの時はモートン選手に勝てたと思いましたか?

いえ、モートン選手が勝ったと思っていました!

来日選手とこんな風にゴール前で接戦を繰り広げたのは2回目で、前回はマチルド・グロ選手と走った時(05/15~05/17 いわき平競輪)でした。その時は、ゴール時点で自分が勝ったと思っていたのですが、実際はグロ選手の勝利だったんです。

今回は勝利できてとても嬉しいです!

Nicky Degrendele (BER)Nicky Degrendele (BER)

松戸競輪場でのレースが残っていますが、次回も競輪の招待があれば来日してみたいですか?

もちろん!走りが強くなる本当に良い経験になりますし、屋外で走ることも良い経験です。選手として強くなるだけではなく、日本の選手と仲良くなったり、日本の文化を知る機会にもなっています。招待をいただければ必ず来日したいです。

ニッキー・デグレンデル ステファニー・モートン

レース直後のデグレンデル選手(2番)とモートン選手(5番)

2年後の東京オリンピックに向けてはいかがでしょう?

あと2年あるという気持ちと、2年しかないという気持ちがあります。これから努力して自分の強さをもっともっと高めて、経験も積んでいきたいと思っています。五輪出場、そしてメダル獲得を目指しています。

ニッキー・デグレンデルの関連記事

「食事は小倉、バンクはいわき平が好き」優勝したニッキー・デグレンデル選手へインタビュー!/ガールズケイリンインターナショナル2018

ステファニー・モートン「リスクを負ってでも踏み込まなければならなかった」

TAGS