「バイバイ愛しの我が家」世界王者マシュー・グレーツァーが日本で暮らした家

長いこと、ひとり暮らしさ。

実はグレーツァーはここ数カ月、一人暮らしであった。

Matthew Glaezer

ゴミ収集日を説明してくれるグレーツァー

「一人暮らしをしていたウェブスターとバベクが住んでいたアパートに、ブフリとトルーマンがそれぞれ移ったんだ。ボスは最近ずっとホテル暮らし。なのでこの家には僕だけさ。ネット環境も無いから、たまに孤独を感じるけどね。もし来年も日本の競輪に参加できるなら、またこの家に住みたいな!」と、来年も来日する可能性をにおわせるグレーツァーだった。

手作りの単語帳で日本語を勉強

玄関には入居時に出迎えをしてくれた巨大ペンギン。

ペンギン

5月に引っ越した当時

グレーツァーらがやって来て以来、ペンギンは土間へ引っ越し。グレーツァー曰く「その場所は不可侵な場所」と、丁重に(?)扱われている。

Matthew Glaezer

現在

洗濯機には日本語で書かれたボタンへ英語のメモが書かれている。

Matthew Glaezer

ちゃんと日本語の勉強をしていたんだよ!お手製の単語帳を取り出す。

Matthew Glaezer

お家の中を探検!

ムッキムキな体の秘訣はプロテイン。しかし、なぜか家中あちこちにプロテインのボトルが散在。ゲームの回復アイテムか!と言いたくなるほど、あちこちに隠されている。

Matthew Glaezer

Matthew Glaezer

プロテインのボトルもだが、家のあちこちにあるのが小銭だ。

Matthew Glaezer

やはり外国の硬貨を使うのは難しい。我々も海外へ行った時に小銭を使うのに苦労するしね。。それにしても、お賽銭か!?って位あちこちにある。全部かき集めたら1万円くらいにはなりそうだ。

Matthew Glaezer

プライベート神社があるから平気さ!

TAGS