トップ選手らによる熾烈な戦いで、優勝を勝ち取った1人の選手のみに与えられる、選手権者の称号とジャージ。

※国内・大陸・世界選手権大会における各種目の優勝者(チャンピオン)

しかし選手権者に与えられる特別なジャージ、チャンピオンジャージは着られる大会に細かな決まりがある。世界選手権の写真を見て「あれっ?アルカンシェル(世界チャンピオンジャージ)を着て走る選手はいないの?」となってしまうかも。

本記事では「どの大会ではチャンピオンジャージが見られるの?」をご紹介していこう。なお、ここでは内容を自転車トラック競技に限定する。

日本チャンピオン、アジアチャンピオン、世界チャンピオン・・・トラック競技のチャンピオンジャージの世界

チャンピオンジャージが見られる大会

チャンピオンジャージの着用が認められている大会は、主に以下の3つ。

・トラック国内選手権
・UCIトラックサイクリングワールドリーグ
・UCIトラックネイションズカップ

国内選手権

国内選手権は(日本であれば)「日本一」を決める大会だが、国の代表として世界選手権や大陸選手権で戦い、その成果を自国で披露できる機会でもある。

2020年全日本トラック選手権オムニアムでは、梶原悠未が世界選手権者の証である「アルカンシェル」を着用し出場。

女子オムニアム/2020全日本選手権トラック

アルカンシェルで出場する梶原悠未/女子オムニアム, 2020全日本トラック

梶原は他5種目にも出場し、オムニアムを含め出場種目全6種目制覇。世界女王としての圧巻の走りを見せつけた。世界選手権の資格を持つオムニアム以外の競技には、アルカンシェルではなく所属チームのジャージを着用している。

梶原悠未, 女子エリミネーション, 2020全日本トラック

梶原悠未/女子エリミネーション, 2020全日本トラック

橋本英也もアジア選手権オムニアム(2020)のチャンピオンジャージ姿で同種目に参加。2年ぶりの優勝を飾った。橋本もオムニアムの他の5種目に出場した際は、チームのジャージを着用している。

橋本英也, 男子オムニアム, 2020全日本トラック

アジア選手権者ジャージで出場する橋本英也/男子オムニアム, 2020全日本トラック

世界中のチャンピオンジャージが見られるのは?

1/2 Page