競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

五輪代表の梶原悠未&中村妃智ペア2連覇「レース中に修正できたことが収穫」・女子マディソン/2020全日本自転車競技選手権大会トラック

2020/11/08

梶原悠未&中村妃智, 女子マディソン, 2020全日本トラック

2020年11月5日から8日で群馬県前橋市・ヤマダグリーンドーム前橋で開催の『2020(第89回) 全日本自転車競技選手権大会 トラック・レース(エリート・パラサイクリング)』。大会3日目には女子マディソンが実施され、この種目で東京オリンピック代表に内定している梶原悠未中村妃智(チーム・ケイドリームス3)が東京オリンピックの試金石となる勝利を挙げた。

マディソンのルール

橋本優弥&中村愛花, 女子マディソン, 2020全日本トラック

橋本優弥/中村愛花(福井県自転車競技連盟)

2人1組となってポイントレースを行う“マディソン”。チーム内で交代をしながらレースを進めていき、獲得ポイントの合計が最も高かったチームが勝ちとなる。今大会のレースはトラック60周、ポイント獲得周回は6周毎に1回の計10回、合計20kmで争われる。

エントリーは4チーム。2019年大会で2位と34ポイント差の圧勝劇を見せた東京オリンピック代表内定の梶原悠未/中村妃智(チーム・Kドリームス3)。ナショナルチームで共に練習する鈴木奈央古山稀絵(チーム・Kドリームス4)、橋本優弥中村愛花(福井県自転車競技連盟)、吉川美穂/内野艶和(ライブガーデンBiciStelle/JIK)とエントリー数は少ないが、いずれも実力者が揃った。

レース:オリンピック代表内定ペアの修正力

レース前にはポイント周回時に、梶原に上手く交代することが目標と語っていた中村。

しかし1回目のポイント周回は交代のタイミングが上手くいかずに中村と古山のスプリント勝負となる。このスプリントを制した古山が1着、中村は2着。

梶原悠未&中村妃智, 女子マディソン, 2020全日本トラック

梶原悠未/中村妃智(チーム・Kドリームス3)

女子マディソン, 2020全日本トラック

鈴木奈央/古山稀絵(チーム・Kドリームス4)

2回目のポイント周回では、残り半周で中村が梶原にスイッチするも、ライブガーデンの内野が先着し梶原は2着。そして3回目も交代が上手くいかず、中村がスプリントでポイント獲得を目指すが4着となる。

吉川美穂&内野艶和, 女子マディソン, 2020全日本トラック

吉川美穂/内野艶和(ライブガーデンBiciStelle/JIK)

序盤は作戦通りに進まない展開の東京オリンピック代表内定組。しかしここから怒涛のポイント獲得ラッシュを果たしていく。4回目のポイント周回の直前では、中村から梶原への交代が上手くいき、梶原がスプリント力を活かして1着。

すると5~9回目のポイント周回も同様の形で梶原が他のチームを大きく離して1着とし、最終ポイント周回を前に事実上の優勝を決定させる。

最終周回となる10回目のポイント周回。注目は2位争いとなり、この時点で24ポイントで並ぶチーム・Kドリームス4とライブガーデンBiciStelle/JIKの先着した方が2位を得ることになった。

最終周回直前、チーム・Kドリームス4の鈴木が先頭で逃げると2番手で追うのはライブガーデンBiciStelle/JIKの吉川。しかしタイミング良く飛び出した鈴木が逃げ切り1着でフィニッシュ。

2位争いを制したのは鈴木奈央と古山稀絵(チーム・Kドリームス4)となった。梶原/中村のチーム・Kドリームス3は3着でフィニッシュするも、事前に稼いだポイント差を守り、この種目の2連覇を果たす結果となった。

女子マディソン最終結果

1位:梶原悠未/中村妃智(チーム・Kドリームス3):41ポイント
2位:鈴木奈央/古山稀絵(チーム・Kドリームス4):34ポイント
3位:吉川美穂/内野艶和(ライブガーデンBiciStelle/JIK):30ポイント
4位:橋本優弥/中村愛花(福井県自転車競技連盟):16ポイント

梶原悠未/中村妃智インタビュー

1/2 Page

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。