競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

梅川風子がデビュー戦で全日本チャンピオン・女子ケイリン/2020全日本自転車競技選手権大会トラック

2020/11/08

女子ケイリン, 2020全日本トラック

2020年11月5日から8日で群馬県前橋市・ヤマダグリーンドーム前橋で開催の『2020(第89回) 全日本自転車競技選手権大会 トラック・レース(エリート・パラサイクリング)』。大会も後半戦となった3日目、11月7日には女子ケイリンの決勝が行われた。東京オリンピック代表内定の小林優香が出場したレースで優勝を果たしたのは今回が全日本初出場となった梅川風子。接戦の末、新チャンピオンが誕生した。

ケイリンのルール&勝ち上がり

最大7人が同時にスタートし、今大会はトラック5周の先着を競うケイリン。2周半まではペーサーと呼ばれる風除けが選手たちのスピードを上げ、ペーサーが退避してからスプリント勝負が始まる。勝ち抜けは大会や出場人数によって異なるが、今回は決勝戦のみの1発勝負。

エントリーは以下の5人

小林優香(Dream Seeker Racing Team)
太田りゆ(チームブリヂストンサイクリング)
梅川風子(JPCA)
佐藤水菜(JPCA)
田中夢菜(日本大学)

初出場、初優勝

1/3 Page

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。