2022年6月18日よりインド・ニューデリーにて開幕した『アジア選手権トラック2022』。大会2日目となる19日は男女個人パシュート、女子500mTT、男子ケイリンが実施。

この記事では大会2日目の結果をまとめてお伝えする。

『アジア選手権トラック2022』派遣選手団が決定!/6月18日〜22日

男子ケイリン

名前
1位 日本 寺崎浩平
2位 マレーシア ムハマド・シャローム SAHROM Muhammad shah firdaus
3位 カザフスタン セルゲイ・ポノマリョフ PONOMARYOV Sergey

山﨑賢人は4位。

リザルトPDF

女子500mTT

順位 名前 タイム
1位 マレーシア アズリ・ムハンマド MOHD ASRI Nurul izzah izzati 35.499
2位 韓国 キム・ボミ KIM Bomi 36.374
3位 インド マユリダンライ・ルート LUTE Mayuri dhanraj 36.481

※日本からの出場なし

リザルトPDF

男子個人パシュート

順位 名前 タイム
1位 日本 松田祥位 4:20.543
2位 韓国 パク・セングン PARK Sanghoon 4:23.431
3位 インド ヴィシュウェジェット・シン SINGH Vishwajit 9:00.000

リザルトPDF

女子個人パシュート

順位 名前 タイム
1位 韓国 イ・ジュミ LEE Jumi 3:38.334
2位 日本 古山稀絵 3:47.330
3位 ウズベキスタン ヤニーナ・クスコバ KUSKOVA Yanina 3:46.282

リザルトPDF

詳報は別途記事にて!

各レースの詳報は別途記事にてお伝えする。合わせてご確認いただければ幸いだ。

降格を乗り越えて寺崎浩平が初のアジア王者に/男子ケイリン アジア選手権トラック2022・ニューデリー

松田祥位が世界選手権出場枠を獲得/男子個人パシュート アジア選手権トラック2022・ニューデリー

古山稀絵が決勝進出、結果は準優勝/女子個人パシュート アジア選手権トラック2022・ニューデリー

なお大会の模様は後日SPEEDチャンネルにて放送予定。情報が入り次第お伝えする。

アジア選手権トラック2022タイムスケジュール/6月18日からニューデリーにて