悪天候の短距離勝負、レース外でもハードな1週目最終日/TEAM ユキヤ通信 2019 №34ー74th La Vuelta ciclista a España(2.UWT) Stage9ー

サドルを気にしながらスタートする新城

現地時間2019年9月1日に行われた『第72回ブエルタ・ア・エスパーニャ』第9ステージの結果とバーレーン・メリダ新城幸也選手のコメントが届いた。

メカトラブルに見舞われるも無事完走/TEAM ユキヤ通信 2019 №33ー74th La Vuelta ciclista a España(2.UWT) Stage8ー

第9ステージはアンドラ公国を舞台に行われた90kmのショート山岳ステージ。終盤に土砂降り、雹に見舞われるというアンドラならではの変わりやすい悪天候の中、多くの選手が苦戦を強いられるステージとなった。
レース終了後はケーブルカーで下山し、そこから約4時間の車移動、ホテルに到着したのは午前1時すぎというレース外でもハードな1日に終わった。

「いきなりの登りは歓迎できない(苦笑)」

以下、新城選手のコメント

「今日のステージは総合にはとても大事なステージだが、僕にとってはいきなり17km登るスタートで歓迎じゃない(苦笑)。

距離も100km未満と短いからグルペット(完走を目指す集団)も最後の登りに入るまで、制限時間があるからあまり気が抜けない1日だった。

アンドラの中心市でスタートサイン台に立つ新城

アンドラの中心市でスタートサイン台に立つ新城

ヘイマン(・ペロルシュタイナー)がステージ6位でチームとしては良かったが、残念ながらスプリンターのフィル(・バウハウス)はリタイアとなってしまった。とても濃い一週目が終わった。最近の3つのステージは特に。明日は回復に専念して、また明後日から頑張ります。」

『ブエルタ・ア・エスパーニャ』大会公式サイト

Text:Miwa IIJIMA
TEAM ユキヤ通信 2019 №34』
31 August 2019 at Spain Valencia
ーLa Vuelta ciclista a España (2.UWT) Andorra la Vella › Cortals d’Encamp (94.4k)ー

ディラン・トゥンス(バーレーン・メリダ)2着の第6ステージ/TEAM ユキヤ通信 2019 №31ー74th La Vuelta ciclista a España(2.UWT) Stage6ー

ハードな山岳ステージ、リーダージャージを失うバーレーン・メリダ/TEAM ユキヤ通信 2019 №32ー74th La Vuelta ciclista a España(2.UWT) Stage7ー

TAGS

Related Articles