復帰戦は苦戦も完走、歓迎するチームメイト/TEAM ユキヤ通信 2019 №13

新城幸也

今年3月13日、タイで合宿中に負傷したバーレーン・メリダ新城幸也選手。約3ヶ月の治療・リハビリを経て6月19日、スロベニアで開催のツール・ド・スロベニアにて復帰を果たした。

【続報】新城幸也、左肘頭骨骨折・左大転子部裂離骨折と診断 左肘の手術は無事成功/TEAM ユキヤ通信

新城幸也、自転車の上へカムバック/TEAM ユキヤ通信 2019 №11

復帰戦は難コースで苦戦

レースは、リュブリャナで開幕し、全5ステージ・総距離806km。
第1stageは、リュブリャナ近郊の街からスタートしコースプロフィールには表れない、細かなアップダウンの連続で、平坦区間がほとんどないような難コースだったが、新城は先頭から8分5秒遅れの92位でレースを終えた。

一時は、先頭で仕事をする新城

一時は、先頭で仕事をする新城

「今日で少し苦しんだ、明日はもっと良くなっている」

以下、新城選手のコメント。

「短い様で長かった3ヶ月でレースに復帰する事が出来ました。復帰に向けて助けた頂いた皆さんありがとうござました。

レースは復帰戦という事で、チームからは特にオーダーは無く、スプリンターのフィル・バウハウスのサポートが今日の役目でした。5日間のレースで、今日が1番簡単なステージだと聞かされていましたが、始まってみると想像よりも遥かにきついステージで驚きました。全く平坦なところは無く、常にアップダウンが続き、大きな道路から狭い道に入ると、距離は短くも勾配がキツくなり、やはり、身体はレースモードになりきれてなくて、苦しんだ1日でした。

今日苦しんだので、明日はもっと良くなっているでしょう!身体は徐々にレース仕様に切り替わって行くので、シーズンの始まりのような感覚です。

このレースは初めての出場ですが、自分が大好きなレース、ツール・ドゥ・リムザン(フランス)のコースに似てると感じたので、今度は好調な時に走ってみたいレースの1つとなりました。チームのみんなが『良く回復したな(戻ってきたね)!』と、歓迎ムードで声をかけてくれたことが、とても嬉しかったです。やっぱり自分はこの生活が好きなんだなー、と実感しました。」

大会オフィシャルHP

第2stageは146kmで行われる。

Text:Miwa IIJIMA
TEAM ユキヤ通信 2019 №13』
19 June 2019 at Slovenia

TAGS