【2019ジャパンカップ】アジア最大級のレースが宇都宮で開催 概要・観戦案内

ジャパンカップ2018

毎年恒例の国内最大規模のロードレース『2019ジャパンカップサイクルロードレース』が今年も始まる。今年は10月18日〜20日に開催され、場所は例年と同じく栃木県宇都宮市。現段階(10月11日金曜日時点)では出場チーム数22チーム、総出場者は130人以上にのぼる。

引退発表直後のアルベルト・コンタドールが出場し大いに賑わった2017年。そこから出場選手数が倍増した2018年。それをさらに超える2019年の宇都宮はより一層賑わうことになること間違い無し!

【ジャパンカップ2017】宇都宮がコンタドールに湧いた日/フォトダイジェスト1/2

今年はツール・ド・フランス個人総合3位のステフェン・クライスバイク(チーム・ユンボビスマ)や日本の新城幸也(バーレーン・メリダ)・別府史之(トレック・セガフレード)の両選手の出場も決定している。

日程とプログラム

TAGS

Related Articles