【速報】ジャパンカップ、マルコ・カノラが史上初の完全優勝、雨澤がU23&アジア最優秀選手賞

マルコ・カノラ

Photo : Yuichiro HOSODA / japancup.gr.jp

10月22日(日)、悪天候の中行われたジャパンカップ2017ロードレースで、スプリントを制したマルコ・カノラ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)選手が、クリテリウムに続いての完全優勝を果たした。大会2冠は史上初の快挙。

【ジャパンカップ2017】宇都宮がコンタドールに湧いた日/フォトダイジェスト1/2

2位にチーム右京のベンジャミン・プラデス・レヴェルテル。3位宇都宮ブリッツェン雨澤毅明。雨澤毅明はアジア最優秀選手賞、U23最優秀選手賞にも輝いた。

ジャパンカップ2017結果

順位名前チームタイム
1マルコ・カノラNIPPO・ヴィーニファンティーニ2:45’37”
2ベンジャミン・ブラデス・レヴェルテルチーム右京
3雨澤毅明宇都宮ブリッツェン
4アントワン・トールクチーム・ロットNL・ユンボ
5トマ・ルバキナンサイクリングチーム
6ヤスベル・ストゥイヴェントレック・セガフレード2:46’11”
7ベンジャミン・ヒルアタッキ・チーム・グスト
8エンリーコ・バッタリンチーム・ロットNL・ユンボ
9ダニロ・ヴィスBMCレーシング・チーム
10畑中勇介チーム右京

山岳賞

ラップ名前チーム
2トマ・ルバキナンサイクリングチーム
4初山翔ブリヂストン アンカー サイクリングチーム
6アントワン・トールチーム・ロットNL・ユンボ
8アントワン・トールチーム・ロットNL・ユンボ

アジア最優秀選手賞

雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)

U23最優秀選手賞

雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)

大会公式リザルト(PDF)

TAGS