女子チームタイムトライアル、表彰台に一歩届かず4位/アジア選手権ロードレース 初日

アジアチームタイムトライアル女子

4月23日からウズベキスタンで開催されている2019ロードアジア選手権大会。初日に行われたチームタイムトライアル女子は表彰台に一歩届かずの4位で終わった。

別府史之、窪木一茂、梶原悠未ら20名がアジア頂点を目指す/2019ロードアジア選手権大会派遣選手団

男子チームタイムトライアルは1名欠場で出場、5位で終了/アジア選手権ロードレース 初日

アジア選手権 エリート女子チームタイムトライアル 30km

競技結果

1 韓国 38分28秒53
2 カザフスタン 1分19秒差
3 香港 1分57秒差
4 日本 2分42秒差

冷たい雨が降る中、スピードに乗り切れず4位

アジアチームタイムトライアル女子

2019アジア選手権ロード大会がウズベキスタンのタシュケント郊外において4月23日から始まった。

初日は女子チームトライアルと男子チームトライアルが開催された。女子チームタイムトライアルは縦溝や穴が多い15kmのほぼ平坦コースを往復する30kmで争われ、日本チームは梶原悠未、上野みなみ、牧瀬翼、金子広美、唐見実世子、樫木祥子の6選手が出走した。

コースは時折冷たい雨が降り、風向きが変わりやすいものの練習時ほど強い風ではなく落ち着いてスタートする。梶原、上野、牧瀬を中心に高速ペースを維持したいがうまくスピードに乗れない。中間地点で韓国に2分、香港とカザフスタンに1分の差をつけられる。後半も高速ペースの維持に苦しみ、優勝した韓国から2分42秒遅れの4位となった。

文:柿木 孝之

(TEXT:JCF

TAGS

Related Articles