男子チームタイムトライアルは1名欠場で出場、5位で終了/アジア選手権ロードレース 初日

2019アジアロード初戦

4月23日からウズベキスタンで開催されている2019ロードアジア選手権大会。初日の6名出走でのチームタイムトライアルは、トップから3分以上遅れた5位の順位で終了した。

別府史之、窪木一茂、梶原悠未ら20名がアジア頂点を目指す/2019ロードアジア選手権大会派遣選手団

アジア選手権ロードレース

4月23日~28日 ウズベキスタン

男子チームタイムトライアル 40km

競技結果

1 カザフスタン 44m16m99s
2 韓国 +1m22s
3 香港 +1m54s
…5日本(窪木一茂、小石祐馬、松田祥位、大前翔、渡辺歩)+3m13s
完走9ヵ国/出走9ヵ国

1名欠場の5名でのスタート、トップから3分以上遅れた5位で終了

ウズベキスタンで開催されているアジア選手権ロードレース初日は6名出走のチームタイムトライアル。一昨年は2位、昨年は優勝している同種目ではあるが、今年は今回のメンバー構成にてベストな走りを心掛けた。

レースは6名出走枠ながら増田成幸が体調不良のため欠場し5名でのスタートとなった。序盤は控えめなペースで入り、徐々に適切なけん引分担でペースを作り40kmの平坦コースを約50km/hの平均速度で走り抜けたがトップから3分以上遅れた5位の順位で終了した。

明日から始まる個人TTとロードレースに向けて調子を整えより多くのUCIポイント獲得を狙う。

文:浅田 顕

(TEXT:JCF

TAGS