【現地情報通信 最終回】大会運営にはボランティアがたーくさん必要!/ロード世界選手権2018

2018ロード世界選手権ボランティアの人々

引用:UCI

おじさんでも勝てるんだ!とハンパない勝負を繰り広げたアレハンドロ・バルベルデの勝利で幕を閉じた2018年のロード世界選手権。人々の記憶に末永く刻まれるであろう厳しいレイアウトのコースで、期待通りのレースを展開してくれたのが選手たちだった。

しかし、レースは選手たちだけでは成り立たない。

実はロードの世界選手権にはたーくさんのボランティアの方たちがいる。現地通信の最終回、あまり知られていないレースの裏側を支える人たちの仕事を紹介する。

関連記事:【現地情報通信 Vol.1】ロード世界選手権のコースは予想以上の狭さだった!

関連記事:【現地情報通信 Vol.2】勾配28%「地獄の坂」をママチャリで登ってみたら、本当に地獄だった/2018 UCIロード世界選手権

関連記事:【現地情報通信 Vol.3】現地在住24年、沼岳央氏に訊ねたインスブルックって?/ロード世界選手権2018

ボランティアの人数は・・・?

TAGS