中根英登「最後の上りはTOJの富士山よりキツい」レース直前インタビュー/ロード世界選手権2018

2018ロード世界選手権現地練習を終えた中根英登

2018年のロード世界選手権で男子エリートのロードレースに、日本から唯一出場する中根英登。レースに対してどういった意気込みで、どのような展開を予想しているのか。その考えを聞いてみた。

以前にレースで走ったことがある

Q:最初に、コースの感想を聞かせてください

まず、6周回する方(下図のオレンジ部分)は、今年9月のレースでも通ってるコースだったので、「ああこういう上りだったな」って試走ながら思っていました。前のレースでは確か3周くらい走って、6周もしてないと思うんです。けど、そのときでも、かなり“脚にくる”周回だなと思いました。

2018ロード世界選手権男子エリートロードレースコースレイアウト

引用:UCI

Q:周回コースに入るまでの90kmの印象は?

前半でアタック合戦が激しくなれば、当然ながら厳しくなると思いますけど、やはり全部で260kmもあるので、前半部分はそんなに問題はないのかなと思います。

Q:世界選手権は初めての出場ですね

そうですね。アンダーの時も来たことないので。しかも出場は僕一人なので、もう全力を尽くすだけです。

Q:今の心境は?

いつも通りというか、逆にいつも通りの自分が出せればな、と思っています。かなり厳しいレースになるっていうのはもう容易に想像が付くので。その中で自分のできることをちゃんと出し切りたいです。

自分が経験した中で一番キツいコース

TAGS