爆発的な伸びをみせた日野が4位でゴール/ジュニアネイションズカップ 2018 Tour de l’abitibi 第6ステージ

Tour de l’abitibi stage6

引用:JCF

2018年7月17日(金)〜7月24日(火)カナダ・ケベック州にて開催中のジュニアネーションズカップツール・ド・ラビティビ」に日本ナショナルチームからは以下6名の選手が参加している。

日野泰静(愛媛・松山城南高校)/鴨下拓弥(東京・堀越高校)/小野寺慶(栃木・真岡工業高校)/山本哲央(山梨・中央大学)/小笠原匠海(東京・EQADS)/福田圭晃(神奈川・横浜高校)】

欧州チームの猛攻撃のなかで日野泰静がステージ2位/ジュニアネイションズカップ 2018 Tour de l’abitibi 第5ステージ

第6ステージはVal-d’Orの中心から郊外を回って戻ってくる1周10.4kmの周回コースを10周する104kmで競われた。周回には300mほどの登り区間が3か所あり、逃げが決まりやすいコースのため、レース展開によっては最後のスプリント勝負だけに備えることは出来ない。

日野が個人総合7位から更に順位を上げるためにも、ゴールだけではなくスプリントポイントも積極的に狙っていく。

小野寺がスプリントポイントを1位通過

スタート直後からアメリカチームが5名で隊列を組みコントロールを始める。3周目に4名の逃げが決まり福田がここに入る。

しかし、スプリントポイント前に吸収され次の動きに個人総合8位のMAINGUENAUD Tom(フランス)が入り、ボーナスタイムを3秒取られてしまう。

そこからは細かなアタックが続き、60km過ぎから2回目のスプリントポイントに向けて、日本チームがアメリカチームに変わり集団をコントロールする。逃げの小集団を吸収し、日野のスプリントに備えたが、チーム連携がうまく噛み合わなかったため小野寺が1位通過する。

爆発的な伸びをみせた日野が4位でフィニッシュ

ラスト3周に入り、スピードを速めたアメリカチームが再度レースをコントロールする。最終周にフランスのMAINGUENAUDがアシストを使い、再び攻撃をかけ独走。日野の個人総合7位を守るため、日本チームが追わないといけない場面で追走に小野寺が入った。

ラスト3km手前で集団は1つになり、最後は集団スプリントとなる。ラスト400mの最終コーナーに入る位置取りが悪かったものの、日野は爆発的な伸びをみせた。その爆発的な伸びを見せた日野が4位、福田が7位でフィニッシュ。

今ステージはDesjardins Ford p/b Cromwell チームのニュージーランド選手、COOK Samが優勝した。早めにスプリントを開始し、集団スプリントの上位常連選手から秒差なしで逃げ切った。

この日、日本チームは動く意思をみせ、重要箇所でよく動いたものの、うまく噛み合わなかった。ステージ優勝をする為には、よりチームでの連携が求められる。

最終ステージとなる第7ステージでは、特にゴール前での連携をより密にして日野のステージ優勝とボーナスタイム獲得により個人総合6位へのジャンプアップを狙っていく。

競技結果

1位 COOK Sam(Desjardins Ford p/b Cromwell)
2位 PICKRELL Riley(Canada National Team)
3位SHEEHAN Riley(US National Team)
4位 日野泰静(Japan National Team)
7位 福田圭晃(Japan National Team)
25位 小笠原匠海(Japan National Team)
29位 小野寺慶(Japan National Team)
82位 山本哲央(Japan National Team)

個人総合順位

1位 SHEEHAN Riley(US National Team)11時間27分38秒
2位 BOOTS Kendrick(US National Team)19秒差
3位GARRISON Michael(US National Team)19秒差
7位 日野泰静(Japan National Team)42秒差
22位 小笠原匠海(Japan National Team)1分24秒差
26位 福田圭晃(Japan National Team)1分28秒差
33位 小野寺慶(Japan National Team)1分48秒差
95位 山本哲央(Japan National Team)24分14秒差

Text:柿木孝之(JCF強化コーチ)

原文:JCF

日野泰静の関連記事

ジュニアネイションズカップ関連記事

TAGS