欧州チームの猛攻撃のなかで日野泰静がステージ2位/ジュニアネイションズカップ 2018 Tour de l’abitibi 第5ステージ

Tour de l’abitibi stage5

引用:JCF

2018年7月17日(金)〜7月24日(火)カナダ・ケベック州にて開催中のジュニアネーションズカップツール・ド・ラビティビ」に日本ナショナルチームからは以下6名の選手が参加している。

日野泰静(愛媛・松山城南高校)/鴨下拓弥(東京・堀越高校)/小野寺慶(栃木・真岡工業高校)/山本哲央(山梨・中央大学)/小笠原匠海(東京・EQADS)/福田圭晃(神奈川・横浜高校)】

エース日野泰静がスプリント勝負を制しステージ3位/ジュニアネイションズカップ 2018 Tour de l’abitibi 第1・第2ステージ

第5ステージはAMOSの街をスタートしてVal-d’Orの街に戻り、最後は第1ステージと同じ周回を3周してゴールする走行距離99.8kmのコースで競われた。

アメリカ、フランスの猛攻撃に耐え抜く

この日も、個人総合上位をキープしたいアメリカチームがコントロールして進む。

その後もフランスチームが複数名で攻撃し、10名ほどの逃げを作りスプリントポイントでのボーナスタイムを狙いにくる。しかしこの逃げに乗った小笠原が1位通過し、日野の総合7位を守る。

アメリカチームのコントロールが続く中、フランスチームの複数名の攻撃が続く。アメリカやフランスなど、強豪国の総合上位選手らを複数名含む逃げが出来る場面もあったが、小野寺を中心にこれらの危険な逃げを潰していく。

日本チームは逃げが決まる可能性が低いと判断して、キャプテンの小野寺を中心に集団スプリントに備えた。最後の周回でも逃げは出来るが、全て射程内で最終周回に入る。

福田がパンクで離脱し、日野が惜しくもステージ2位

Tour de l’abitibi stage5

引用:JCF

この日ゴール前で大事な役割を担う予定だった福田がラスト周回に入る際、パンクにより離脱してしまう。これにより、日本チームは日野の単騎での勝負を強いられる。

ラスト400mの最終コーナーを3番手で抜けた日野は早めに先行したが、今大会最強スプリンター、カナダナショナルチームのエースPICKRELL Rileyが日野を捕らえ優勝。日野は惜しくも2位となった。

ポイントジャージ争いでも14ポイント差が付いてしまったが、まだチャンスはある。

残り2ステージではゴール前でのチームの連携精度をより高めてステージ優勝を狙う。

競技結果

1位 PICKRELL Riley(Canada National Team)
2位 日野泰静(Japan National Team)
3位 SHEEHAN Riley(US National Team)
17位 小野寺慶(Japan National Team)
50位 小笠原匠海(Japan National Team)
95位 山本哲央(Japan National Team)
96位 福田圭晃(Japan National Team)

個人総合順位

1位 SHEEHAN Riley(US National Team)9時間5分18秒
2位 BOOTS Kendrick(US National Team)15秒差
3位 GARRISON Michael(US National Team)15秒差
7位 日野泰静(Japan National Team)38秒差
24位 小笠原匠海(Japan National Team)1分19秒差
26位 福田圭晃(Japan National Team)1分24秒差
33位 小野寺慶(Japan National Team)1分47秒差
114位 山本哲央(Japan National Team)23分17秒差

Text:柿木孝之(JCF強化コーチ)

原文:JCF

日野泰静の関連記事

ジュニアネイションズカップ関連記事

TAGS