エース日野泰静がスプリント勝負を制しステージ3位/ジュニアネイションズカップ 2018 Tour de l’abitibi 第1・第2ステージ

表彰台で笑顔を見せる日野泰静

引用:JCF

2018年7月17日(金)〜7月24日(火)カナダ・ケベック州にて、UCIジュニアネーションズカップ ツール・ド・ラビティビが開催された。今年は開催50周年の記念大会となる。

日本ナショナルチームからは以下6名の選手が参加。

【日野泰静(愛媛・松山城南高校)/鴨下拓弥(東京・堀越高校)/小野寺慶(栃木・真岡工業高校)/山本哲央(山梨・中央大学)/小笠原匠海(東京・EQADS)/福田圭晃(神奈川・横浜高校)】

小野寺慶12位。前代未聞の大逃げでベルギー選手が優勝/ジュニアネイションズカップ TROFEE CENTRE MORBIHAN2018 第1ステージ

日本チームはエース日野を始め、平坦コースを得意とする6名のメンバーでステージ優勝と日野の個人総合10位以内を狙う。

全体的に道幅が広い平坦な道が多いが、強い横風や追い風の吹く厳しいコース設定だった。

第1ステージはRouyn-NorandaからVal-d’Orまでの115.6km。最後は3.2kmの周回を3周してゴールする。

周回には小高い丘があり、ここで攻撃(アタック)がかかることが予想され、チーム全体でしっかり集団前方にまとまり、ラスト400mのコーナーをいかに有利な位置でキープできるかが重要となる。

日野が単騎でゴールスプリント勝負!ステージ3位に

第1ステージ ゴールシーン

引用:JCF

スタートから数名のアタックが続き、福田ら3名で逃げ25秒のタイム差をつけるが、最初の山岳ポイント前に吸収される。

フランスの選手が積極的に動く中で1回目のスプリントポイントを日野は3位通過し、1秒のボーナスタイムを獲得。落車が複数回起こり山本も落車、福田のタイヤパンクというアクシデントがあったが、2名とも集団に戻ることが出来た。

小野寺がラスト15kmほどで抜け出し、アメリカチームの選手を含む5名でメイン集団と20秒以上のタイム差を付ける逃げが形成された。

しかし、他のメンバーがコースを間違えるなどのトラブルがあり、周回に入ったところで集団に吸収される。

周回に入ってからはアメリカ・フランスチームがレースをコントロールし、日本ナショナルチームはまとまることが出来ず、日野がほぼ1人で位置取りをする形となった。

強い向かい風の中、最終コーナーからゴールまでの400mを日野が1人で勝負に挑んだ。ゴール前のスプリント勝負では、スプリントポイントでもスピードをみせていたカナダナショナルチームのエースPICKRELL Rileyが追い込み優勝。

日野はステージ3位でフィニッシュした。

突然のコース変更、次のステージでは優勝を狙う

第2ステージは森林火災の影響でコースが変更になり、137kmの平坦のラインレースに。

今日のステージではゴール前にチームでまとまることができなかったが、明日は集団スプリントの展開となった場合、日野をチーム全体でしっかりサポートしてステージ優勝を狙う。

競技結果

1位 PICKRELL Riley(Canada National Team)
2位 CRUZ DE LA MORA, Eduardo(Alterra Home Loans Cycling Team)
3位 日野泰静(Japan National Team)
24位 山本哲央(Japan National Team)
49位 小野寺慶(Japan National Team)
57位 福田圭晃(Japan National Team)
64位 小笠原匠海(Japan National Team)
118位 鴨下拓弥(Japan National Team)

Text:柿木孝之(JCF強化コーチ)

原文:JCF

日野泰静の関連記事

TAGS