落車に巻き込まれ日野泰静の自転車が大破/ジュニアネイションズカップ LVM Saarland TROFEO 第3ステージ

第3ステージ ゴール

引用:JCF

2018年6月7日(木)〜6月10日(日)までジュニアネイションズカップLVM Saarland Trofeo(ドイツ)が開催され、日本チームも参加している。

日野泰静がヨーロッパ初レースで5位!トップジュニア相手に力を発揮/ジュニアネイションズカップ LVM Saarland TROFEO 第1ステージ

突然のレースストップ ニュートラル措置で結果残せず/ジュニアネイションズカップ LVM Saarland TROFEO 第2ステージ

福田圭晃が13位でフィニッシュ。日本チームも強豪らと一緒に集団を牽引/ジュニアネイションズカップ LVM Saarland TROFEO 第4ステージ

第3ステージは昼から80kmのロードレースと夕方から13.9kmのタイムトライアルの2つのハーフステージ。

ロードレースは、1周20km弱の周回を4周する80km。2.3kmの登り区間があるが、全体では平坦区間が多く、逃げ切りと集団スプリントのどちらの可能性も考えられるコースだった。

落車で自転車が大破、集団落車も続く

この日は単発のアタックはあるものの大きな逃げは決まらず、日本チームは日野のスプリントにかけて位置取りをした。

しかし、残り3.2kmで日野が落車に巻き込まれ、自転車が大破してしまう。3kmルール(※)が適用されない地点での落車により、総合でも大きく遅れる結果となってしまった。

※ゴールまで残り3kmを通過したときに落車や機材トラプルなどで遅れをとった時は、遅れた時にいたグループと同じタイムが与えられるというルール

その後は、落車に巻き込まれなかった福田が単身位置取りをした。デンマークとイギリスの選手が張り合う中で、4番手という最高な位置で危険なラスト500mのコーナーを迎えた。

だが、先頭の選手が落車したことで20名程の大落車が発生。集団にいた福田は落車を避けたものの脚止めを食らってしまった。

優勝は落車を避けてゴールしたノルウェーのWAERENSKJOLD Sorenで、落車を逃れた選手が上位に入る形となった。

レース様子

引用:JCF

悪天候でのタイムトライアル、山本が日本最高位に

夕方から13.9kmのアップダウンの多いTTが雨の中で行なわれた。日本チームは山本がトップから1分42秒差の61位が最高順位であった。

日本チーム 選手

引用:JCF

競技結果

第3ステージ順位
1位 WAERENSKJOLD Soren
2位 GEBNER Jakob
3位 RETAILLEAU Valentin
福田圭晃 3kmルールでトップから2秒差同タイム
山本哲央 3kmルールでトップから2秒差同タイム
日野泰静 2分1秒差
馬越裕之 2分2秒差
細田悠太 2分2秒差
鳥倉必勝 不明

第3ステージ TT結果
1位 AASHEIM Ludvig Fischer (ノルウェー) 18分8秒
2位 VACEK Karel (チェコ) 4秒差
3位 WAERENSKJOLD Soren (ノルウェー) 6秒差
61位 山本哲央 1分42秒差
64位 日野泰静 1分44秒差
76 馬越裕之 1分57秒差
82 福田圭晃 2分12秒差
97 鳥倉必勝 2分44秒差
105 細田悠太 3分28秒差

第3ステージ 個人総合時間
1 VACEK Karel (チェコ)7時間46分3秒
2 WAERENSKJOLD Soren (ノルウェー) 4秒差
3 AASHEIM Ludvig Fischer (ノルウェー) 4秒差
44 山本哲央 1分59秒差
71 日野泰静 3分56秒差
73 馬越裕之 4分29秒差
91 福田圭晃 17分9秒差
97 鳥倉必勝 22分48秒差
104 細田悠太 29分42秒差

Text:柿木孝之

原文:JCF

TAGS