突然のレースストップ ニュートラル措置で結果残せず/ジュニアネイションズカップ LVM Saarland TROFEO 第2ステージ

ジュニア日本ナショナルチーム

引用:JCF

2018年6月7日(木)〜6月10日(日)までジュニアネイションズカップLVM Saarland Trofeo(ドイツ)が開催され、日本チームも参加している。

日野泰静がヨーロッパ初レースで5位!トップジュニア相手に力を発揮/ジュニアネイションズカップ LVM Saarland TROFEO 第1ステージ

落車に巻き込まれ日野泰静の自転車が大破/ジュニアネイションズカップ LVM Saarland TROFEO 第3ステージ

福田圭晃が13位でフィニッシュ。日本チームも強豪らと一緒に集団を牽引/ジュニアネイションズカップ LVM Saarland TROFEO 第4ステージ

第2ステージは1周14kmの周回コースを約3周した後、3km程の登りと15kmのアップダウン周回コースを2周半してゴールする99kmで争われた。

最初の周回はコースの3分の1が車1台分の道幅しかなく、2kmの登り区間がある。周回をつなぐ2つの登り区間が厳しく、3kmの登りには12%以上の勾配もあり、道幅が非常に狭い。この登りで集団に残った選手でのアタック合戦、または集団スプリントが予想された。

日野の集団スプリントに向け、チームで連携するも突然のレースストップ

引用:JCF

スタート直後に福田が落車するが、すぐ集団に戻る。山本も後ろから突っ込まれてホイールが破損し、少し時間をかけて集団復帰する。

KOMのかかった登りでは、日野が集団前方10番手あたりでこなす。その後ドイツの選手がアタックし、優勝候補の1人チェコのVACEK Karelとフランスの選手が追走。さらにアメリカとノルウェーが追走して狭い登り区間を進んでいく。アタックをかけた選手は前で5人の先頭グループを形成して集団に1分差をつける。

メイン集団はデンマークが主にコントロールする中で山本がここに加わり、日野の集団スプリントに向けて準備する。ラスト周回で集団スプリントに向けて集団はペースアップし、タイム差が一気に縮まる。日本チームは集団牽引に山本が最後まで入り、集団に残った福田、馬越で日野を最後牽引するために、前でまとまって位置取りしていた。

しかし、ラスト3kmのところで突然レースがストップした。前の周に落車した選手の対応にドクターヘリが着陸する事となり、やむを得なかった。

これにより、ラスト3kmで先頭集団と13秒差で逃げていた5選手がそのままのタイム差で逃げきったこととされ、5名全員が優勝者となった。メイン集団はニュートラルがかかり、皆でまとまってのゴールとなった。

この日、日本チーム全体で日野がステージを狙えるように最終局面に向けて臨んだが、ニュートラルということで結果は残せなかった。

競技結果

1位 BENZ Pirmin(ドイツ)2時間47分38秒
1位 VACEK Karel (チェコ)同タイム
1位 VERMAERCHE Kevin C(アメリカ)同タイム
6位 福田圭晃(Japan National Team)
6位 日野泰静(Japan National Team)
6位 馬越裕之(Japan National Team)
6位 山本哲央(Japan National Team)
鳥倉必勝(Japan National Team)※着順不明
細田悠太(Japan National Team)※着順不明

個人総合時間

1位 VACEK Karel (チェコ)5時間34分28秒差
2位 WANDAHL Frederik (デンマーク)5秒差
3位 VERMAERCHE Kevin C (アメリカ)8秒差
日野泰静(Japan National Team)17秒差(着順不明)
山本哲央(Japan National Team)21秒差(着順不明)
馬越裕之(Japan National Team)36秒差(着順不明)
福田圭晃(Japan National Team)15分1秒差(着順不明)
100位 鳥倉必勝(Japan National Team)20分8秒差
107位 細田悠太(Japan National Team)24分18秒差

Text:柿木孝之

原文:JCF

TAGS

Related Articles