強烈な横風に苦戦も、今後に活かせると実感/U23 欧州遠征 第5戦レポート

U23 春季欧州遠征 第5戦

欧州のレースに多く参戦することで経験を積み、スキルの向上、人材発掘や世界選手権代表メンバーの育成に繋げることが目的のU23 春季欧州遠征。第5戦が3月15日(木)に行われた。

佐藤健が3位表彰台、U23春季ヨーロッパ遠征 第1戦〜3戦レポート

蠣崎優仁がスプリントで健闘し5位入賞/U23 欧州遠征 第4戦レポート

強い横風に晒されるコース

コース的に吹きさらしの直線が数箇所あり、風向きによってはエシュロン(横風区間で集団が斜めになること)が組まれ、集団が崩壊する展開も想定されると選手達に伝え、事前に横風区間の入り口を確認した。

3周目の横風区間でイギリスナショナルチーム、フランスのトップアマチュアチームCC Nogent-sur-Oise等の選手達により集団が分断。18名が先行した。後続のメイン集団には松田、大前、蠣崎が集団の前方に位置していたので、ローテーションに加わる事を指示した。

松田がローテーションに加わりペースを上げ、15名の第2集団として抜け出す事に成功し先頭集団を追ったが、その差は徐々に開き追いつく事はできなかった。松田はその後第2集団から遅れ、第3集団に吸収されたが第3集団からも遅れ、リタイヤとなった。

厳しい結果、だが良い経験

完走者ゼロとなり厳しい結果となったが、横風区間による集団の崩壊について「話では聞いた事はあるが経験は無い」という選手達がほとんどで、そんな中でも松田がローテーションに加わり、後続を引き離し追撃の集団を形成した事は、今後のレースにおいても良い経験となることだろう。

松田祥位選手のコメントが届いている。

横風にもワクワクした

はじめてのエシュロンだったり、強烈な横風だったりワクワクしたところもあります。風を読めなくて間違えたりしました。結果DNFでしたが、これからに活かすことができる、他にはないとてもいい経験ができたと思います。もっと突っ込んでローテーションしていれば完走まで生き残れたと思います。ひとつずつクリアしていきます。

U23 欧州遠征 第5戦結果

3月15日 Templeuve
7.5km×15周+6.2km×5周 112.5km AVS
出走約120名 完走約30名

DNF 松田 祥位 U23 Japan National Team
DNF 中川 拳 U23 Japan National Team
DNF 大前 翔 U23 Japan National Team
DNF 冨尾 大地 U23 Japan National Team
DNF 蠣崎 優仁 U23 Japan National Team
DNF 佐藤 健 U23 Japan National Team

Text:橋川 健

写真・情報提供:JCF
原文:http://jcf.or.jp/?p=58324

 

TAGS

Related Articles