2022年9月18日から25日にかけてオーストラリアにて開催される『2022 UCIロード世界選手権大会』。

開催地となるのは、オーストラリアのニューサウスウェールズ州に位置するウロンゴン。シドニーから80kmほど南下したタスマン海沿岸に位置する都市だ。

本記事では、主催者によるコメントなどもご紹介しつつ、大会公式サイトでの発表をもとにレースの詳細をお届けする。

「2022 UCIロード世界選手権大会」

開催日程:2022年9月18日(日)~9月25日(日)
開催地:オーストラリア・ウロンゴン

開催日程

日付 開催種目 実施カテゴリー 距離
9月18日 個人タイムトライアル 男子エリート・女子エリート 34.2km
9月19日 男子U23 28.8km
9月20日 女子ジュニア 14.1km
男子ジュニア 28.8km
9月21日 チームタイムトライアル 混合リレー 混合 28.2km
9月22日 休息日・トレーニング・会議
9月23日 ロードレース 男子ジュニア 135.6km
男子U23 169.8km
9月24日 女子ジュニア 67.2km
女子エリート 164.3km
9月25日 男子エリート 266.9km

参照:2022 UCI ROAD WORLD CHAMPIONSHIPS

「初となる」2つの試み

今回の『2022 UCIロード世界選手権大会』では、以下2つの初となる試みが実施される。

・個人タイムトライアルを、男女同距離で実施(エリート)
・女子U23カテゴリーの設置

どちらも、スポーツプログラムとUCIの方針における”男女平等”の実現に向けた取り組みだ。

なお、個人タイムトライアルに関しては、女子U23のレースプログラムが個別に組み込まれているのに対し、ロードレースでは女子U23と女子エリートの2つのカテゴリーが同一のレースプログラムとして実施される。同じコースを同時に出走し、表彰のみ個別に実施される。

女子U23のロードレースが個別のレースプログラムとして実施されるのは、2025年以降となっている。

2022年からロード世界選手権に女子U23カテゴリーを設置「自転車競技の男女平等に一歩前進」

UCIが2024年パリ五輪からの出場選手数に男女平等化を発表 女子チームスプリントは3人制に

どんなコースを走る?

1/3 Page