男子もアジア&日本新で金!チームパシュート(一丸尚伍、近谷涼、沢田桂太郎、今村駿介)/アジア選手権トラック2018

沢田桂太郎、一丸尚伍、今村駿介、近谷涼

またもや日本が記録樹立だ。アジア選手権トラック2018男子チームパシュート決勝、日本ナショナルチーム(一丸尚伍近谷涼沢田桂太郎今村駿介)が3分57秒801のアジア&日本新記録で対戦相手の韓国を下し、金メダルを獲得。今大会、男女ともにチームパシュートで新記録樹立と金メダルの獲得を果たした。

イアン・メルビン中距離ヘッドコーチは「3分57秒801!!!アジア新記録!アジアの新王者!世界選手権へ行ける!」と、今月末から行われる世界選手権へ参戦することを喜んでいる。

レースは韓国チームが序盤から日本チームを上回って進んだが、およそ3kmとなるところで日本チームが逆転。
最後の1kmをそのまま押し切って日本チームが優勝を果たした。

決勝フォトダイジェスト

TAGS