1回戦

1回戦は東京オリンピック代表の新田、脇本共に別組となり、それぞれ1着で準決勝進出を決める。

準決勝

準決勝以下の1組のメンバーは以下の通り:

1組

脇本雄太
新山響平
荒川仁
小原佑太
松井宏佑
中野慎詞

レースは脇本、新山、荒川、中野、小原、松井の順で進む。スピードが上がり残り3周を切ると、まずは松井が最後尾から先頭へ。残り2周を切るタイミングで中野が外から位置を上げてくると、残り1半周での並びは中野、松井、脇本、新山、荒川、小原となる。逃げる中野を2番手の松井が残り半周で外から捕らえにかかるが、更に外からは脇本も位置を上げてくる。最終ストレートでは3人が並んだが、脇本が先着、松井が2着、3着に中野となった。

2組

メンバーは以下の通り

新田祐大
深谷知広
山﨑賢人
菊池岳仁
寺崎浩平
村田祐樹

村田、山﨑、菊池、新田、寺崎、深谷の順で並びながらレースが進む。残り3周を切り、ペーサーが退避すると、後続が新田を見る形となったためか、村田が一気に加速して大きく他勢を突き放す。残り2周、山﨑をかわして菊池が2番手となり、新田は菊池に続く形で山﨑と並走する。先頭との距離をぐっと詰めてくる後続は残り1周で新田が菊池を交わしにいくが、菊池がインで粘ると、最終周回の2コーナー付近で新田と菊池が接触したのか、菊池が落車。そして菊池の後ろにいた山﨑も菊池に乗り上げる形で落車してしまう。レースは新田が村田を捕らえて1着でフィニッシュ。2着に寺崎、3着に村田、落車を逃れた深谷が4着となった。

決勝

決勝に進んだのは以下の6人

新田祐大
脇本雄太
松井宏佑
寺崎浩平
村田祐樹
中野慎詞

号砲が鳴り、並びは松井、中野、村田、新田、寺崎、脇本となってペースを上げていく。

残り3周を切ってペーサーが退避するが、隊列は動かず。

半周ほど選手たちが見合ったところで、5番手の寺崎が位置を上げて残り2周の時点で3番手へ。

その寺崎へ新田も続く。

残り1周半を過ぎて先頭に立った寺崎、続くは新田、松井、中野の順番。脇本は立ち上がり遅れて5番手となる。

残り1周、ここから新田がフル加速。

一気に先頭まで出ると、そのまま後続を置き去りにし、ぶっちぎり一着でのフィニッシュ。

圧倒的なパワー差を見せつけて、テストイベントでの優勝を飾った。

2着には最後に外から上がってきた松井、そして3着には寺崎。4着には僅かの差で寺崎に届かなかった中野、5着に脇本、大きく離れて6着に村田となった。

新田祐大は東京オリンピックのテストイベントで、1回戦から決勝まで全て1着の完全優勝を遂げた。

新田&脇本コメント

2/3 Page