感動の舞台裏、KEIRINグランプリ2017フォトダイジェスト

浅井康太

浅井康太選手の優勝で幕を閉じた、KEIRINグランプリ2017。その一日をフォトダイジェストで振り返ろう。

2度目の優勝“覇王”浅井康太!我慢しきれず男泣き。武田、新田、渡邉選手コメント/KEIRINグランプリ2017

大舞台にふさわしい快晴

この日は競輪界の2017年を締めくくるに相応しい、快晴に恵まれた。

競輪グランプリ2017

競輪グランプリ2017

グランプリの優勝賞金は1億円。その重さを体験できるコーナーに置いてあった札束のダミーを持ってみたが、めちゃくちゃ重い!!約10kgあるそうだが、1億円と意識したら100kgくらいに感じてしまう…。

1億円

More CADENCE編集部は「1-4-7」の1:新田祐大、4:深谷知広、7:渡邉一成のナショナルチーム。そして1:新田祐大、4:深谷知広、9:浅井康太のドリームシーカーで車券を購入。

中継用のカメラ。ワイヤーで吊られ、バンク上空をダイナミックに撮影。さすがグランプリともなるとお金かかってます。

競輪グランプリ2017

火が出る演出に加え、レインボーカラーの炎が!これはスゴい。

競輪グランプリ2017

10Rでは7人が巻き込まれる大落車が