養成所生活も折り返し、日々どう過ごしている?トラック中長距離3人組(窪木一茂/吉川美穂/新村穣)インタビュー/日本競輪選手養成所 第119・120回生 第2回記録会

窪木一茂, 日本競輪選手養成所 JIK 第119・120回生 第2回記録会

8月31〜9月2日、静岡県の日本競輪選手養成所にて実施された『第119・120回生 第2回記録会』。木村皆斗吉川美穂は2回連続のゴールデンキャップ獲得となった。

関連記事:吉川美穂&木村皆斗が2連続!6名ゴールデンキャップ獲得/第119・120回生 第2回記録会

第2回記録会終了後、トラック中長距離から養成所に飛び込んだ3人にインタビューを実施。養成所生活にも慣れた頃だが、どんな手応えを感じているのだろうか?

吉川美穂

吉川美穂, 日本競輪選手養成所 JIK 第119・120回生 第2回記録会

Q:2回連続のゴールデンキャップ獲得おめでとうございます。

ありがとうございます。2回目も獲れたことはすごく良かったと思いますが、目標にしてた早期卒業タイムにはギリギリで届かなかったので、残念な気持ちもあります。

Q:これから卒業までの目標を教えてください。

競走訓練がこれから始まるので、そこでしっかり競輪のことを学びます。しっかりとルールを覚え、卒業後に活躍できるよう頑張って行きます。

Q:ゴールデンキャップを獲得したことで賞金が出ましたが、使い途の予定は?

実際にお金が手元に来るのは卒業時なので、まだ使えはしないんですけど……入ってくるものだと思って、プロテインとか色々買ってます。養成所の中でも色々支払うものはあるので、まあ当面の生活費でしょうか。

卒業したら、美味しいご飯を食べに行きたいですね。

吉川美穂, 日本競輪選手養成所 JIK 第119・120回生 第2回記録会

窪木一茂

TAGS