1位の競輪場はここだ!【2019年度競輪場の車券総売上ランキング】

第9回 国際自転車トラック競技支援競輪

「1番」の競輪場って?

全国各地にある競輪場。本記事では2019年度(2019年4月〜2020年3月)の車券総売上額が高い競輪場を、ランキング形式でご紹介していく。

※本記事は広報KEIRIN(2020年4月発行)を元に作成しています。

「公営競技」ってなに?競輪から生まれる福祉や文化、競技との関わり

第3位 立川競輪場(東京)

立川競輪場 KEIRINグランプリ2019 前検日

2019年度の総車券売上額は246億6796万5600円。年間の開催日数は46日(平均は56日)。けして多くはない開催日数ながらも、3位にランクインした。2019年は年末に競輪最高峰のレース・KEIRINグランプリが立川競輪場で開催され、これが売上額に貢献した。立川競輪場はKEIRINグランプリ発祥の地でもある。

昨年のグランプリの直前にMore CADENCEが作成した「立川競輪場ガイド」もぜひチェックしていただきたい。

KEIRINグランプリ2019 立川競輪場への行き方は? 【立川競輪場ガイド】 Vol.1 アクセス編

第2位 松戸競輪場(千葉)

決勝ゴール

2019年度の総車券売上額は312億2353万3100円。

千葉の松戸競輪場は関東有数の競輪場で、都心からアクセスしやすい立地も大きな武器。ナイター、ミッドナイト開催も行われる。

2019年度車券売上の大きな要因となったのは、5月に松戸で開催された「日本選手権競輪(競輪ダービー)」。

「日本選手権競輪」は例年年間トップの売上を叩き出すグレードレースで、2019年の売上は135億8168万5600円(KEIRIN.jpより)。松戸競輪場に限っていえば38億8393万6000円の車券売上だった(本場+電話投票の売上(広報KEIRIN2019年6月発行))。

松戸競輪場は年間車券売上の約12%を「日本選手権競輪」の5日間で得たことになる。

【松戸・最終日】日本選手権競輪(競輪ダービー)脇本が一刀両断!

1位の競輪場は・・・

TAGS

Related Articles