2020年全日本ロード開催中止が決定/第89回全日本自転車競技選手権大会 ロード・レース、第24回全日本選手権個人タイム・トライアル・ロード・レース大会、2020日本パラサイクリング選手権・ロード大会

2019全日本選手権ロードレース

2020年8月20日より広島県で開催を予定していた『第89回全日本自転車競技選手権大会 ロード・レース』『第24 回全日本選手権個人タイム・トライアル・ロード・レース大会』『2020日本パラサイクリング選手権・ロード大会』の開催中止が決定された。新型コロナウイルス感染症を鑑み、関係者全員の健康リスクを最小限に抑えるため。また、再延期もしないとのこと。

東京オリンピック代表争いにも影響が?

全日本ロードは東京オリンピックの日本代表の選考対象レースの1つとなっていた。男子ロードレースではオリンピックポイント(JCFが定めた国内選考用のポイント)上位2位がオリンピック代表として選出されるが、現在2位の増田成幸(宇都宮ブリッツェン)は271.8ポイント、3位の中根英登(NIPPOデルコ・ワンプロヴァンス)は220ポイント。

選考が一時中断された3月15日以降の男子ランキング:

順位 名前 オリンピックポイント数
1 新城幸也(チームバーレーン・マクラーレン) 413
2 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) 271.8
3 中根英登(NIPPOデルコ・ワンプロヴァンス) 220
4 石上優大(NIPPOデルコ・ワンプロヴァンス) 161.5
5 伊藤雅和(愛三工業レーシングチーム) 153

この全日本ロードの開催中止によって、ワールドツアーレースに出場できない増田の順位に影響が出る可能性がある。

東京オリンピックのロードレース日本代表選考、選考期間78日を追加

リリース全文

TAGS