新田祐大:11R

S級東日本準決勝。ナショナルAチームから2日続けて4着で勝ち上がった新田祐大が出場。

1 1 佐藤慎太郎 福島/78期
2 2 渡邉雄太 静岡/105期
3 3 岩本俊介 千葉/94期
4 4 萩原孝之 静岡/80期
5 和田圭 宮城/92期
5 6 櫻井正孝 宮城/100期
7 佐々木雄一 福島/83期
6 8 鈴木裕 千葉/92期
9 新田祐大 福島/90期

残り2周の時点で櫻井-新田-佐藤-和田の東北ラインが先頭。外から上がってきた渡邉-萩原の静岡ラインを跳ね返して福島の4人が先頭のままレースは残り半周へ。先頭で役割を終えた櫻井が下がっていくと同時に新田が踏みこんで佐藤と和田を引き連れていく。そのまま3人の並びは変わることなくフィニッシュ。新田が1着、佐藤が2着、和田が3着となった。

車番 選手名 着差 上り 決まり手 H/B 個人状況
1 9 新田祐大 11.1 捲り B
2 1 佐藤慎太郎 1/2車身 11.0 マーク
3 5 和田圭 1/2車身 11.0
4 7 佐々木雄一 3/4車身 10.9
5 4 萩原孝之 2 車身 11.0
6 8 鈴木裕 1 車輪 10.8
7 2 渡邉雄太 大差 12.2
8 6 櫻井正孝 大差 13.2 H
9 3 岩本俊介 5 車身 13.8

脇本雄太、河端朋之:12R

S級東日本準決勝。ナショナルAチームから2日続けて1着の脇本雄太と、2日続けて2着で勝ち上がり、自身初のGI制覇を目指す河端朋之が出走。

1 1 香川雄介 香川/76期
2 2 稲川翔 大阪/90期
3 3 村上博幸 京都/86期
4 4 小倉竜二 徳島/77期
5 浅井康太 三重/90期
5 6 河端朋之 岡山/95期
7 南修二 大阪/88期
6 8 松岡健介 兵庫/87期
9 脇本雄太 福井/94期

残り2周の時点で河端-小倉の中四国ラインは3、4番手、浅井と香川を挟んで7番手から脇本ー稲川-南の近畿ラインが続く。残り1周半から脇本が加速を始めると、ラスト1周に入る頃にはラインのメンバーを引き連れて先頭へと踊り出る。その近畿ラインに続くのは河端-小倉の中四国ライン。そしてその外からは浅井が上がってくる。しかし最終ラインになってもペースを落とさない近畿ラインが脇本を先頭に逃げ切りを果たし、脇本ー稲川-南の順でワンツースリーフィニッシュ。外から追い上げた浅井は4着。河端は最終ストレートで失速し7着となった。

車番 選手名 着差 上り 決まり手 H/B 個人状況
1 9 脇本雄太 11.2 逃げ HB
2 2 稲川翔 3/4車輪 11.1 マーク
3 7 南修二 1 車身 11.1
4 5 浅井康太 1/2車輪 10.7
5 4 小倉竜二 1/2車身 10.8
6 1 香川雄介 1 車身 10.7
7 6 河端朋之 1車身1/2 11.1
8 3 村上博幸 4 車身 11.3
9 8 松岡健介 1 車身 11.5

脇本は初日から3日連続で1着勝利。完全優勝を狙い、明日21日の決勝へと挑む。

脇本雄太コメント

レース中は全然余裕がありませんでした。行きたいところでは踏めていますし、反応も出来ていますが、疲労が心配です。昨日はラインで決まりませんでしたが、今日は決まって良かったです。明日も一生懸命頑張ります。応援お願いします。

写真:Perfecta Navi

脇本雄太が23年ぶり宮杯完全優勝/第71回高松宮記念杯競輪(GⅠ)・和歌山

ネットで車券購入

高松宮記念杯競輪は6月21日(日)まで。ぜひネットでの車券購入で応援してみてはいかがだろうか。各サービスへのアクセス・登録はこちらから:

オッズパーク
楽天Kドリームス
チャリ・LOTO
Gamboo
WIN TICKET
CTC(サイクルテレフォンセンター)
KEIRIN.jp

競輪、何から始めればいい?初心者向け記事リンク集