「東京2020に全てを懸けていた」ニュージーランドのエドワード・ドーキンスが現役引退を発表

BRISBANE, AUSTRALIA - APRIL 06: Bronze medalist Edward Dawkins of New Zealand celebrates during the medal ceremony for the Men's Keirin Finals on day two of the Gold Coast 2018 Commonwealth Games at Anna Meares Velodrome on April 6, 2018 in Brisbane, Australia. (Photo by Scott Barbour/Getty Images)

Photo by Scott Barbour/Getty Images

元世界王者による決断

2020年4月25日、ニュージーランドのスプリンターであるエドワード・ドーキンスが、12年間のキャリアの末に引退を発表。

引退の理由は「新型コロナウイルスの影響により、東京オリンピックが2021年に延期となった事」と、同国メディア「Newshub.」の記事「Tokyo Olympics:Cyclist Eddie Dawkins retires after Games postponed」で述べた。

30歳でキャリアに幕を閉じたドーキンスは、リオデジャネイロオリンピックでは銀メダルを獲得、世界選手権では男子チームスプリントにて計3回世界王者に(2014、16、17年)、そしてコモンウェルスゲームス計3大会で2個の金メダルを含む通算7個のメダルを獲得するなど、ニュージーランドのトップ選手として世界と戦い続けた。

以下本人コメント。

「東京2020に全てを懸けていた」

サム・ウェブスター チームスプリント コモンウェルスゲームズ2018

BRISBANE, AUSTRALIA – APRIL 05: Edward Dawkins, Ethan Mitchell and Sam Webster of New Zealand celebrate winning gold in the Men’s Team Sprint Finals during the Cycling on day one of the Gold Coast 2018 Commonwealth Games at Anna Meares Velodrome on April 5, 2018 in Brisbane, Australia. (Photo by Ryan Pierse/Getty Images)

「イーサン(ミッチェル)とサム(ウェブスター)と共に、東京2020に全てを懸けていた。東京が1年間延期になり、その時(開催)まで続けていく自信が持てなかった。オリンピックに自分の心と魂を捧げられないならば、これ以上速くなれないならば、それは自分らしくもないしチームメート達にも迷惑をかけてしまいます。イーサンとサムは兄弟のような仲です。我々は世界の頂点にも立ち、数え切れない程の時間をトレーニングや遠征、レースで過ごしてきました」

とインタビューでコメントしている。

ミッチェル/ウェブスター/ドーキンスのトリオは、2012年メルボルン大会と2013年ミンスク大会の2大会連続で世界選手権のメダルを獲得したメンバーでもある。

リオオリンピックでは男子チームスプリントで銀メダルを獲得し、オリンピックレコードを更新するなどの走りも見せた(後に金メダル決定戦でイギリスによって更新)。

Qualifying / Men's Team Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP III, Hong Kong, Ethan MITCHELL イーサン・ミッチェル Sam WEBSTER サム・ウェブスター Edward DAWKINS エドワード・ドーキンス

New Zealand

新たなステージへ

TAGS