ゴールデンキャップ史上最多獲得の町田太我を含む第117・118回生の計91人が日本競輪選手養成所を卒業

ゴールデンキャップ賞

養成所内記録会において「スピード・持久力共に優れている」タイムを記録した者に授与されるゴールデンキャップ。

全3回の記録会においてゴールデンキャップを授与した者が受賞した。

日本競輪選手養成所第117・118回卒業式

右から坂本紘規、青柳靖起、町田太我、山口拳矢、永塚祐子、尾方真生

男子は坂本紘規(青森)、山口拳矢(岐阜)、青柳靖起(佐賀)、そして男子候補生史上最多となる3回を獲得した町田太我(広島)の4人が受賞し、女子は永塚祐子(神奈川)と、卒業認定記録会で獲得した尾方真生(熊本)が受賞した。

ゴールデンキャップ獲得者は史上最多の5人!?/日本競輪選手養成所 第117回・第118回生 第2回記録会

報奨金賞

日本競輪選手養成所第117・118回卒業式

永塚祐子(左)と町田太我(右)

報酬金を受け取った候補生に送られる報酬金賞。男子は町田太我(広島)、女子は永塚祐子(神奈川)が代表で受賞。男子は総勢41名・総額845万円、女子は総勢12名・総額227万5千円となった。

特別賞

日本競輪選手養成所第117・118回卒業式

特別賞を受賞したのは町田太我(広島)。

ゴールデンキャップを史上最多の3回獲得。養成所内の記録会全てでゴールデンキャップを獲得した者は町田が初となる。報酬金を最も多く受け取るなどの功績を残し、今回特別賞を受賞した。

JKA250落成式

滝澤所長「熱意を持って全うする事」

TAGS