競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

全身全霊の走りで脇本雄太が世界選手権ケイリン銀、日本3年連続/2020世界選手権トラック・ドイツ

2020/02/28

勝負は最終局面へ

4コーナーを抜けての最後の直線。脇本が先頭のラブレイセンとの差を詰めていく・・・

最後は車輪1つほどの差で届かず。

逃げ切ったラブレイセンが今年の男子ケイリン王者となり、男子チームスプリントに続いて今大会2冠を達成した。

そして脇本は2着でフィニッシュし、自身初となる世界選手権での銀メダルを獲得。3位にはマレーシアの英雄アワンが入った。

脇本インタビュー「目標がまた出来た」

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。