全身全霊の走りで脇本雄太が世界選手権ケイリン銀、日本3年連続/2020世界選手権トラック・ドイツ

自分がやるべき目標がまた出来た

Final / Men's Keirin / 2020 Track Cycling World Championships

Q:今の気持ちは?

嬉しくはないです。もっと勝負できるところがあったんじゃないかなと思います。

Q:位置取りは完璧だったと思いますが

位置取りというよりも、本来はあそこを突っ張りたかったんですよ(優勝したラブレイセンを前に出させたくなかったという意味)。突っ張れなかった自分の力不足。前を譲るつもりは無かったんです。だから余計に悔しいです。でも迫ることは出来たので、収穫を得ることは出来たと思います。自分の中での最低限のことは出来た・・・・とは思っています。

Q:銀メダルということはまだその先がありますね?

自分がやるべき目標がまた出来たし、世界のトップは自分の走りの上を行くので、まだまだ自分を磨けば良いと思います。オリンピックに出場出来るかはまだわかりませんが、そこに向けて新たな目標が出来ました。

決勝は全身全霊で先行に行ったのですが、普通に上を行かれました。

まあそれも勝負なので、またブノワコーチと相談して今後の目標を立ててやるだけだと思っています。

 

TAGS